• English
  • Deutsch
  • Français
  • Español
  • Italiano
  • 日本語
  • Korean
  • العربية
  • Русский
  • Turkish
  • Indonesia

医療用遠赤外線の研究開発

page-2-1

  • 遠赤外線は電磁波の一種で、4~1000ミクロンの波長のことです。その中の6~14ミクロンの波長が「生育光線」と呼ばれます。

 

医療用遠赤外線の研究開発

遠赤外線の働きが医療研究上で実証される

    • 遠赤外線は既に30年以上クリニックに応用され、多くの研究で生体影響の効果があることが実証されました。
    • 遠赤外線の光が特定範囲内の波長と関係があり、メカ二ズムの面から見ると、身体的な効果を示し、働きを果たすかどうかは、その強さと波長によって異なります。
    • ところが、薬の面から見ると、同じ名前の薬でも成分と分子構造はそれぞれ違います。その働きと副作用を判明させるため、各々の臨床試験が必要になります。
    • 例えば、電子レンジはマイクロ波の波長があるので食物を温めることができます。マイクロ波が食物に含まれる水分子の共振現象を引き起すからです。消費者は電子レンジを購入する際、放射能だけを確認すれば結構です。多くの科学者によってその加熱効果が実証済であるため、消費者として電子レンジが本当に食物を温められるのかと心配する必要はありません。

     

1

遠赤外線に対する多国間の臨床研究レビュー

  • 遠赤外線技術は既に数十年以上医療分野で応用されています。日本、アメリカ、ドイツ、台湾などで数多くの遠赤外線に関する研究が行われ、遠赤外線が様々な病症に効果があることが実証されています。以下のリストは遠赤外線の臨床研究例です。これ以外の症状でも遠赤外線による治療効果が期待されます。
3-1-300x225
  • 心臓病
  • 抗酸化性
  • 抗炎症性
  • 予防
  • 酸化ストレス
  • 神経性無食
  • 高血圧
  • 動脈の閉塞
  • 婦人健康
  • 体重減少
  • 疼痛緩和
  • 腎疾患
  • 傷の治癒
  • 脳性小児まひ
  • アレルギー性鼻炎
  • 慢性心不全
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 慢性疲労
  • シンドローム
  • 慢性疼痛
  • 慢性疾患
  • 鬱病
  • 皮膚シワ&光老化
  • 糖尿病
  • 関節炎
  • 線維筋痛症
  • その他

遠赤外線に対する臨床研究の将来性

  • 従来の臨床研究で使用される遠赤外線療法装置の殆どが放射タイプの製品であったため、アタッチメントタイプの遠赤外線製品は革新的なもので、現在までに突破できない効果も発見されました。
  • 弊社のアタッチメントタイプ遠赤外線製品は遠赤外線の生理的なメカニズムを変えずに、従来の処理方法を覆しました。また、6~14µmの遠赤外線の放射能をかなり向上したことで、医療においても人体に良い効果を示すことが実証されました。
  • 弊社としては将来、専門家や学者の皆様が遠赤外線に対して臨床研究を行う際に、アタッチメントタイプ遠赤外線製品を喜んでご提供したい所存です。ご要望の際は、是非ご遠慮なく弊社までメールにてお問い合わせください。
2-1