• English
  • Deutsch
  • Français
  • Español
  • Italiano
  • 日本語
  • Korean
  • العربية
  • Русский
  • Turkish
  • Indonesia

遠赤外線の動作原理

  • 遠赤外線の動作原理は体の循環機能と大きな関係があります。遠赤外線の最も重要な役割は、血管壁における内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)を活性化させ、一酸化窒素(NO)を増やすことです。
  • 臨床研究では、一酸化窒素が血液循環を調節するために重要な働きをすることが確認されています。血管内皮細胞増殖の修復、血管を弛緩させ血圧を下げる、血流量を増やす、血管梗塞を溶かす等の効果があります。
  • 1998年にアメリカの3名の生化学者.薬理学者に、体循環に対する一酸化窒素の重要な原理の発見の功績に対し、ノーベル生理学.医学賞が授与されています。
Infrd

Ting-Kai Leung et al, Biomed. Eng. Appl. Basis Commun. 21, 317 (2009). DOI: 10.4015/S1016237209001404

cl1
cl2
cl3