• English
  • Deutsch
  • Français
  • Español
  • Italiano
  • 日本語
  • Korean
  • العربية
  • Русский
  • Turkish
  • Indonesia

赤外線サウナ

赤外線サウナ

  • 銭湯は沢山の人が好きな養生方式で、体に暖かくなって、血液循環を促進して、皮膚を滋養する。しかし、銭湯は毎日、入ることができない。心血管の患者はとりあえず、医者に聞いたほうがいい。銭湯は禁忌が多い。例えば、時間が長い過ぎないように、食べた後にしない、空腹の時、気持ちが悪いです。特にお酒を飲んだ、の恐れがある。
  • 赤外線サウナは一種の特殊な理療方式で、遠赤外線加熱器(例えば、加熱板、加熱管など)放射赤外線、それに、皮膚の表面を通じて吸収する。伝統上で
Infraredsauna01

赤外線サウナは毒を排出するのを加速する

  • 人体に汗を排出する過程に同時に少量の体内の毒を排出する。化学物質と重金属を含む。
  • 研究とよりますと赤外線サウナの毒の排出の効果は普通の運動の汗のかくより15%増加。特に体に不自由に運動できない人により効果がある。
Infraredsauna02

赤外線サウナは循環を促進する

  • 赤外線サウナの効果はまるで受動的に心肺機能のトレニンーグを行うように
  • 赤外線サウナは皮膚に温かくなる。血液の循環を加速する。これは運動するとき、筋肉の状態と同じです
  • 赤外線sサウナは運動したあとの痛みか運動の傷の回復、なぜならば、遠赤外線は炎症を解消する、それに、回復を加速する。痛みと凝りを有効に解消する
Infraredsauna03

遠赤外線サウナはダイェトに役に立つ

  • 健康スタルを維持するのは外見だけではなく、健康になると、生活品質よくなるために、十年以上の医学研究によると、ウエストの維持と早すぎになくリスクは大きいな正相関がある。
  • 遠赤外線サウナはリラッスと気持ちいい状態でエネーを消耗する。アメリカ医学学会の研究によると、毎回、遠赤外線サウナは600カロリーを燃焼する。ほかに2009年の医学研究によると、遠赤外線は三か月でウエストと体重を有効に下げる。なぜならば、遠赤外線は沢山の運動の効果と似ている、そして、もっとリラッスです。ほかに、不自由で治療中運動不便な人たちに遠赤外線は心肺機能と循環を改善する。
Infraredsauna04

遠赤外線サウナは痛みを緩和する

  • 沢山の人たち遠赤外線サウナは知りたいか買いたい原因が身体の痛みの現象を改善する。例えば、肩こり、腰こり、関節痛み、筋肉か靭帯痛みーーなど
  • 痛みとめの方法は痛み薬を飲むか外用薬、しかし、この効果は過ぎるとまた痛むかますます重くなる。
  • 赤外線サウナの機能の機制と痛みとめと完全と違う。
  • 遠赤外線は皮膚に関節、筋肉、組織の痛みのところに侵入する。部分的な循環と二酸化炭素の量を直接に痛みの部位の神経に受けるメセッジです。
  • 痛みとめ薬と比べて効果はもっとも直接です。
  • 医学の応用に遠赤外線を使って痛みを緩和することも長い時間です。
  • 運動の傷、慢性疲労総合症、繊維の肌痛、関節炎症と各種の慢性痛みを改善する。
Infraredsauna05
Infraredsauna06
Infraredsauna07

赤外線サウナは心肺機能を改善する。

  • 日本で医療上に遠赤外線サウナは<WOAN治療>と言います。
  • 慢性心臓の衰弱の患者にとって非常に有効です。生活の品質と心臓の機能を改善する。
  • 遠赤外線はeNOS蛋白質の形成を刺激して、血流速度を加速する。eNOSはNOの合成を促進する。しかし、NOは血管拡張の成分を促進する。
  • 遠赤外線は血管の内皮細胞をCD34分子になると促進する。CD34分子は血管の形成を促進して血流を増加する。
  • NOは同時に交感神経の機能を調節する。eNOSはNOの形成に加速して、自主神経の系統を控える。
  • 慢性心臓の衰弱の患者にとって、交感神経の系統は活躍すぎると、副交感神経は低すぎると、心臓に圧力が大きいです。
  • 遠赤外線治療は副交感神経の活動を強める、それに交感神経を弱める。これは血管の阻力を下げる、そして、心肺の輸出を増加して、心臓の圧力の効果を下げる目的になる。
  • BNPは心肺機能の負面指標で遠赤外線治療はBNPの指数を下げる。
Infraredsauna08