• English
  • Deutsch
  • Français
  • Español
  • Italiano
  • 日本語
  • Korean
  • العربية
  • Русский
  • Turkish
  • Indonesia

遠赤外線灯

遠赤外線灯

  • 遠赤外線灯は一種、遠赤外線を放射する電子設備で、工業上に輻射加熱過程と建築温度の調節を広く使う。
  • ほかに科学の研究は遠赤外線灯で物質の特性を分析する。例えば、空気中に汚染物の含量です。
visiblelight01

遠赤外線灯の原理

  • もっとも簡単の遠赤外線灯は白熱ランプ照光です。なぜならば、電球は少しの光のほか、少量の赤外線を放射して、比例は非常に低い(<1%)
  • 赤外線の放射効率を改善するために、石英管かハロゲン灯で光源として使う。
  • 工業用の加熱と乾燥の遠赤外線灯はこの類のものです。
  • しかし、光源を高い温度(>300℃)までに加熱すると、遠赤外線の放射ができるようになる。だから、人体に応用できない。
visiblelight02
visiblelight03

セラミックス遠赤外線灯

  • 市販の医療用の遠赤外線灯は大部、加熱セラミックス遠赤外線の方式を採用して、遠赤外線を放射する。
  • 原理上と工業用の赤外線灯と同じです。
  • 発射源を高温に加熱して赤外線放射効率を増加する。
  • 照射式は治療の部位が露出の必要で使用上に非常に気をつけて、人体の距離の30cm以外、長い時間で使わない。火傷か皮膚の乾燥の恐れがある。
tdp-lamp

ハロゲン系赤外線灯

  • 遠赤外線問うはハロゲン電球を使って光源として使う。
  • それに、ハロゲン・バブルの表面に特殊な塗装を増加して、有害な光線を濾す。ハロゲン灯は赤外線を放射して、同時に有害な紫外線を産生する。
  • この製品は通常に価格が低いで、遠赤外線(波4-14mm)の放射の比例は低いです。効果は当然、悪いです。
tdp-lamp02

くっつける遠赤外線

  • 遠赤外線灯の温度は高すぎ、ベアで治療の必要で、遠赤外線の低すぎの欠点で、くっつける遠赤外線は革新の技術と製造過程を採用する。
  • 遠赤外線の放射率は人体の皮膚の表面の温度(約34℃)だけ、85%の放射率がある。それに、ちょっと特許の遠赤外線コーティング を加熱して 60℃.までで 92%以上の放射率に達す。
  • 放射効率は遠赤外線灯の四倍以上に達す(くっつける遠赤外線の平均の放射効率は45 mW/cm2)
Clipboard-1
Scan
  • ほかに、くっつける遠赤外線の製品の体積は小さいで、携帯便利で、直接に人体にくっつけて使う。遠赤外線灯は使うとき、定点と露天で使うのに限らないです。いつでも、どこでも、身につけて遠赤外線を使う。
visiblelight05
visiblelight04