• English
  • Deutsch
  • Français
  • Español
  • Italiano
  • 日本語
  • Korean
  • العربية
  • Русский
  • Turkish
  • Indonesia

遠赤外線マット

遠赤外線マット

  • 赤外線灯マットは非常に見える赤外線の製品の種類の一つです。
  • この製品は普通にマットレスかクッションのタイプに作られる。
  • この結構は赤外線の材料層(水晶、翡翠、竹炭など)と加熱層の組み合わせから製造される。
InfraredMat01
InfraredMat02

遠赤外線のマットの加熱層

  • 赤外線マットは非常に使いやすいです。上に横になるか座るだけでいいです。しかし、赤外線の放射の効率を上げる、そして、温熱で熱治療法に持ちれる効果を増加するために、遠赤外線マットは通常に加熱層がある
  • 一般的に加熱技術は電熱配線、電熱板、ナノ加熱膜を分けられる。
  • 加熱配線は的な技術、この製造コストは非常に安いです。
  • ほかの加熱板は加熱の材質を薄板(約1-5 mm)あと、電極を繋げる
  • 加熱平均ですげれど、しかし、加熱変換率はやはり悪いです。
  • 最新の技術はナノ炭の加熱膜を採用して、ナノ化の炭粉を軟質のものに塗る。そして、半導体の製造過程で導体電極をつけて厚み10mmのナノ炭の加熱膜を作る
  • ナノ分子の特性のために、電熱の転換率は99%に達す。それに、加熱はとても平均で遠赤外線マットの加熱層に作ることが非常に適合です。
InfraredMat03
InfraredMat04
InfraredMat05

遠赤外線マットの遠赤外線層

  • 遠赤外線の材料は自然の鉱石、人造材料、織り品など、その中に自然鉱石の放射の効率は最もよい
  • 例えば、部分の遠赤外線マットの中に水晶の玉石など、地殻の中にもう数万年、存在するから、この放射率は安定で耐久です。しかし、鉱石は人体に有害な放射線があるから、ご注意してください。必ず、科学的な検査、厳選、処分したあと、安全そして、効率な遠赤外線の放射源の材料を作られる。
  • 人造材料は例えば、特殊な処理した竹か木材、赤外線を放射したけれど、大部分は赤外線に近い、そして、この結構はとても不安定ですから、長時間に使うと、効果が削減です。
  • 織物は以前、二種類の材料の中、厳選の材質を繊維に混入して製品を作る。繊維の弾性を守るために、混合の比例は低すぎできない(通常3%)、効果はきっと大いに下げる。

遠赤外線マットの購買

  • 市販の遠赤外線マットは大抵、四種類に分けている:LED発光類、自然鉱石、人造材料類、織物など
  • LED発光式は直接に光源放射のほか、ほかに加熱の方式で遠赤外線材料の放射の効率を強める
  • 遠赤外線マットの効果の良さと悪さは材料の特性と加熱の技術による。実は材料の特性と加熱の技術にかかわらず、皆、客観的な視点と評価の標準です。
  • 消費者は購買するとき、特に注意する

くっつける遠赤外線マット

  • くっつける遠赤外線マットは高科技的なナノ炭の加熱膜を採用して遠赤外線鉱石の中に人体に有益な厳選した波(波6-14mm)に合わせて独特な軟性のコーティング膜に作る。遠赤外線マットは同時に高放射率と放射効率、快速平均の温熱の効果を持っていつでもどこでも遠赤外線サウナの保健を行う。
InfraredMat02